最初の日本代表チームは東京帝国大学のメンバーが中心であったため、東京帝国大学のサッカー部のユニフォームの色であった青(ライトブルー)を使用したと言われている。例えばサッカー日本代表では、本田選手と香川選手のどちらが背番号10番を背負うかが大きな話題になりましたが、それだけチームにとって10番が特別な番号であり、重い意味を持つということです。

その他の興味深い詳細ヴァン フォーレ 甲府 ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。