翌年の2002 FIFAワールドカップ 日韓大会に向け、強化マッチ等で着用されたモデル。 1999年4月に、日本サッカー協会とアディダス ジャパン社との独占複数年契約が結ばれ、機能性とデザイン性の融合が進んだユニフォームが登場。 プレー中の選手が大胆に見えるよう肩から袖にかけてホワイトの割合を多くしているのが特徴。来夏の東京五輪には、遠藤選手も闘志を燃やしている。

スペイン サッカー ユニフォームについての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。